★楽天 訳ありランキング ★
俳優・女優、役者とオーディション情報

役者コラム

役作りとは、簡単に言うと俳優さんがその役柄になりきる事と言うことです。

役作りの時間が多く取れるハリウッド俳優などの場合は、その役の応じて痩せたり、太ったり、筋肉を付けるための肉体改造や整形手術まで知る人がいると聞いたことがあります。

日本人の役者は映画出演の契約上、スケジュール的に充分な「役作り」に充てる時間が含まれていない事が多く、ハリウッド俳優などに比べ大々的な役作りを行わないようですね。

しかしこれは俳優本来の個性を重視する傾向が日本の芸能界があるためで、キャスティングの段階で俳優の個性やキャラクターを考えますので、過剰な役作りは必要ないのだと思います。

●【俳優・女優、役者とオーディション情報】_Topにもどる●


大根役者という言葉がありますね。一般的には演技の下手な役者のことを言います。また相手が役者だと分っている場合には単に「大根」という言い方をされます。

では何故、演技の下手な役者のことを大根役者と言うのでしょうか?

大根役者の言葉の由来はいくつかありますが、4つほど紹介します。

1、まず、役者が何かの芝居でヒットする事を「当たる」と言います。
  大根は食材としては丈夫で滅多なことでは食中毒せず、また、刺身のツマになるくらい殺菌作用があり漢方薬としても用いられることもあります。
  この事から、腹をこわすことがない。食あたりしない、あたらない。から大根のような役者 --> 大根役者と言う説。

2、芝居が下手なため、役者が役を代わらされると、その役者は下ろされたという表現をします。このため「大根おろし」から大根役者という表現になったと言う説。

3、役者の「付き人」や予備の役者を「代行(だいこう)」と呼ばれ、それが訛ってダイコンなったと言う説。

4、大根は皮も中身も白い(色が付いた大根もありますが)ことから、「白い」から「素人」--> 大根 --> 大根役者
他にも説はあるようですが。おもしろい言い方ですね。

6代目尾上菊五郎が、ある無名の下手な役者に向かって。「大根は、上手えぞ。だが、おめえは大根にもなってねえ」
・・・・かっこいいですね。

●【俳優・女優、役者とオーディション情報】_Topにもどる●


おすすめ商品
オーディション用紙
■オーディションには、履歴書ではなくオーディション用紙を使いましょう。
こちらに数種類のオーディション用紙がありますのでダウンロードしてプリントアウトしてくださいね。

★1ページ、写真が貼れます。
★2ページ、アンケート付き

記事アーカイブ
webツール
Google Sitemaps用XML自動生成ツール
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site